店内の特徴(とくちょう)

セイコーマートのお店を見てみると、お客様が入口からまっすぐ歩いた場所には、ホットシェフ、お弁当・お惣菜(そうざい)・パンなど、すぐに食べられる商品が並んでいます。

そこから右側に進むと野菜や豆腐・牛乳・調味料・冷凍食品などの、生活に密着した商品が並んでいます。

その他に、飲みもの・アイス・お菓子・お酒などが揃っています。

お店の広さは?

セイコーマートの今のお店の広さは、だいたい170㎡です。170㎡は長方形の形をしています。
長方形は同じ広さでも迫力はくりょくある見え方をします。

みなさんの教室はだいたい60㎡なので、3教室が収まる広さです。

いつも同じ商品があるの?

いいえ、季節によって変化します。 たとえば、

  1. 春:いちごを使ったパンやデザート・アイスなど
  2. 夏:そばやそうめんなどの冷たいめんや、 (しゅん)のきゅうりやトマトを使ったサラダなど
  3. 秋:栗やかぼちゃ、さつまいもなどを使ったお惣菜(そうざい)やデザートなど
  4. 冬:なべ焼きうどんなどの温かいめん類や、温かい飲みもの、温めて食べるお惣菜(そうざい)など

その季節に合わせて商品をえらんでいます。 牛乳やたまごなど、一年中いている商品もあります。

お店の中での取り組み

お店の中で

セイコーマートは、お客様から「セイコーマートで買い物をしたい」と思っていただけるように(つね)努力(どりょく)しています。

見たことあるかな?

それぞれの商品に合わせて(たな)の温度を()えています。

ウォークインクーラー
▲ウォークインクーラー
(3〜8℃)
オープンケース
▲オープンケース (3〜8℃)
※お弁当は18〜22℃
ホットシェフ
▲HDC(ホットシェフ)
(65℃〜75℃)
アイスストッカー
▲アイスストッカー
(-35〜-20℃)
商品によって温度設定がちがうんだね

お店の裏側(うらがわ)はどうなってるの?

みなさんが買い物をする「売場」の(うら)は、「バックヤード」と()んでいます。
そこには、これから「売場」に出す商品の倉庫(そうこ)などがあります。
飲みものを入れている冷蔵(れいぞう)庫の入口も、裏側(うらがわ)にあります。
飲みものを(なら)べている冷蔵(れいぞう)庫は、実はとっても大きくて、人が入れるようになっています。
その中には、商品の予備(よび)()いてあり、(たな)にある商品が()ってきたら、お店の人が(たな)補充(ほじゅう)します。
中はとっても寒いので、厚着(あつぎ)をして、短い時間で仕事をします。

ウォークインクーラー
▲バックヤード

営業(えいぎょう)時間はどうなってるの?お店のお休みは?

お店の営業(えいぎょう)時間は、お店ごとに(ちが)いますが、平均(へいきん)すると、だいたい19時間ぐらいです。
基本的(きほんてき)に多くのお店は年中無休(むきゅう)ですが改装(かいそう)したり(ちが)う場所に(うつ)す時などはお店を一度お休みして、準備(じゅんび)をします。

どうして(すべ)てのお店で24時間営業(えいぎょう)しないの?

セイコーマートは、(すべ)てのお店が24時間営業(えいぎょう)ではありません。お店に買い物に来るお客様の様子に合わせて営業(えいぎょう)時間を決めています。たとえば、大きな道路沿()いで、夜中でもトラックやタクシーなどの運転手さんが買い物にくるお店なら、真夜中でも営業(えいぎょう)します。住宅地(じゅうたくち)の中にあって、夜中には(あた)りの家が寝静(ねしず)まり、朝までお客様が来ないようなお店なら、深夜は営業(えいぎょう)しません。夜中にお店を開いているということは、その分、電気などのエネルギーを使いますし、そこで(はたら)く人も必要(ひつよう)です。
お客様に必要(ひつよう)にされている時間(たい)を考えて営業(えいぎょう)時間を決めています。